外断熱コンクリート住宅について学ぶ

どのくらい外断熱コンクリート住宅の事を知っていますか?

仕様

外断熱コンクリート住宅の仕組み

投稿日:

ここでは、今人気となっている外断熱コンクリート住宅の仕組みについてご紹介していきます。

外断熱にご興味のある人は、ぜひご参考にしてみてください!

外断熱コンクリート住宅ってどんなもの?

まず、そもそも外断熱コンクリート住宅についてよくわからない…!といった方も多いのではないでしょうか?

外断熱は、英語で書くと「External wall insulation」と書きます。

外断熱コンクリート住宅は日本ではまだ少ないですが、欧米ではよくみられる住宅構造で、一般的な住居によく用いられています。

ドイツで1956年に初めて建てられた外断熱住宅は、約60年経過した現在も立派に建っているくらい丈夫です。

ヨーロッパでは一般的によく使われる仕組みであり、住宅に限らず新築では、9割以上が外断熱で住居が建てられています。

日本でも、最近外断熱に注目する人達が増えています。今後外断熱が一般的工法として、これまで以上に広く普及していくと予想されるでしょう。

外断熱の特徴って?

外断熱の仕組みは、コンクリート造などの熱容量の大きな構造体の外側に、断熱材を設けることをいっています。

外断熱の反対の仕組みである内断熱は、鉄筋コンクリート造などの構造体の内側に張りつける場合があります。

これまでは内断熱法が一般的でしたが、最近外断熱の仕組みに有用性を感じて着目する人達が増えています。

内断熱ではこれまで活用しきれなかったコンクリートの構造体の特性が、外断熱ではメリットとしてさまざまに生かせるわけです。

-仕様

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

外断熱工法のメンテナンス

ここでは、外断熱工法のメンテナンス方法についてご紹介していきます。 一般的の住宅では、外断熱の状態が悪化してしまうと、雨が降った時に困ります。 外壁材の割れ目や外断熱の継ぎ目から雨水が入ってきてしまい …